2015年10月13日火曜日

イベント報告『2周年記念イベント』

開店2周年にあたる10/10(土)と11(日)の2日間に『2周年記念イベント』を開催しました。

3年目に入り、時間が経つにつれてより美味しさ、趣、魅力を増した良いお店になっていけるようにという思いを込めて、「熟成」をテーマにしたお料理とお酒のメニューをご用意しました。

また、10月10日が台湾の建国記念日にあたる雙十節のため、そのお祝いも兼ねて台湾のお祝い料理に欠かせない「鶏・豚・海鮮」を盛り込んだメニュー構成でご提供させていただきました。




当初、半立食(ビュッフェ)形式で募集をかけさせていただいていた今回のイベントですが、しっかり料理が作りたくなったので、結局着席形式に切り替えさせていただきました。

かなり前の投稿「天天厨房と台湾料理」でも書かせて頂いたのですが、自分は台湾の屋台料理も家庭料理も文化を含め大好きだし、それをより多くの方に知っていただきたいと思う一方で、台湾の食材そのものに親しんでもらったり、日本の新鮮な食材と組み合わせてより美味しい料理を追求したいと考えています。



そんなこともあり、今回のイベントですが、個別のお皿で提供することになったので、久しぶりに、作りたいように作らせて頂きました!笑

お付き合いいただいた参加者の皆様、ありがとうございました!
楽しんでいただけていれば嬉しいです。

下記、記録までにメニュー内容と写真です。(ASさん、HSさん、AHさん、写真ありがとうございます!)



《慶祝二周年×雙十節菜譜》




1. 台湾カラスミ(※)と季節のフルーツ
 ※半年熟成




産地台湾雲林より直送のからすみと付け合わせの洋梨。
台湾の海風を浴びて熟成されたからすみを台湾紹興酒に漬けて軽く炙ってお出しし、香ばしい香りとねっとりした食感をお楽しみいただきました。


2. 台灣菜圃(※)とピータンのマスカルポーネチーズ和え※1年熟成



最近メニューでお出しして大好評の新メニュー「台湾ピータンのマスカルポーネチーズ和え」。ここに、客家の食材「菜圃(ツァイポー=干し大根)」を加えてより深みを増したバージョン。



3. 天然真鯛のニンニク醤油漬け 熟成紅麹(※)※1年半熟成



以前38食堂さんとのコラボイベントでお出ししたメニューの改良版。
熟成紅麹ソースの存在感をより一層押し出した形にしてみました。

天然真鯛もニンニク醤油に漬けて熟成させることでねっとりした絶妙の食感をお楽しみいただきました。


4. 台湾新竹福菜排骨湯(国産豚軟骨と熟成高菜(※)のスープ)※2年熟成



国産豚軟骨の甘みと2年熟成の「福菜(フーツァイ=高菜漬け)」の香ばしい酸味が溶け合ったスープ。
福菜は客家(ハッカ)の伝統熟成食材です。

2年熟成の福菜(=芥菜ジエツァイとも言います)

詳しくはメニュー発表時の説明をどうぞ。


5. 金針菜と自家製熟成アンチョビ(※)のニンニク炒め※2年熟成



シャキシャキの食感の金針菜としめじなどを鶏スープと自家製アンチョビと国産ニンニクと一緒に炒めて。


6. 台湾マコモダケと牡蠣のフリット 熟成鰹節(※)のふりかけ※3ヶ月熟成



台湾直送のマコモダケと牡蠣をカラッとフリットにし、熟成鰹節とスパイスで作った特製ふりかけで味付けて。


7. 脆皮雞
(こだわり鶏とそらまめ農園のこだわり野菜使用 パリパリ鶏(※)の金柑ソース)※3日熟成




国産の丸鶏をタレに漬けて吊るし、風を当てて表面を乾かしながら熟成したものを皮がパリっとなるように調理したお料理。
付け合わせは近所の有機農家さん「そらまめ農園」さんの野菜です。生の落花生も!



これは仕込み風景。熱した油をかけて表面をパリパリにしているところです。

  盛りつけ中。


8. 特製牛肉麺(※)※3日熟成



国産和牛をこだわりのスパイスとともに3日間じっくり熟成させながら煮込んだスープ。
リクエストも多い牛肉麺ですが、通常メニューで麺の提供が難しいので、今回限りのご提供でした。



9. 花生捲(配善醸仕込紹興酒)
(屋台の定番 デザート生春巻き 善醸仕込み紹興酒(※)と合わせて)※3年熟成





上品な甘さのラヴェエルフランスのアイスクリームのキャラメル味を花生粉(ピーナッツの粉)とパクチーをもちもちの皮で包んで。

本来「花生捲」には花生糖(ピーナッツを飴で固めたもの)をカンナで削って入れるのですが、このアイスクリームの香ばしいキャラメルの香りが花生糖と通ずるものがあり、絶妙な相性。

写真にはないですが、善醸仕込の紹興酒を合わせて召し上がっていただきました。


10. 芝麻大湯圓 熟成生姜シロップ(※)※1週間熟成


家族が集まるお祝いに欠かせない「湯圓(タンユエン=ごま団子)」!
生姜と黒糖使用のまろやかな熟成シロップで。


お酒たち

熟成酒を中心にいろいろ。


天天厨房のイベントで恒例になっている、フリードリンクコーナー。
(スタッフが少なく手が回らないので度々イベント時はこの形を設けさせて頂いています)
日本酒、紹興酒などを中心に設けさせて頂きました。あとは生ビールもサーブにて。

こちらはサーブしてお出ししたお酒達♪(もちろん会費に含んでます)

こんなのも♪






終わってみて思ったこと。

「やっぱり楽しいなあコース」笑。

自分の入れたいように美味しい食材を入れて、それを「直感(※)」で組み合わせて、盛り付けまでする余裕を持てるのは、完全コースの場合のみだなあと改めて思いました。(※自分が「絶対美味しいだろう」と思った食材や組み合わせをお客さんと共有できたとき程嬉しいことはありません!)

注文を受けてから仕上げるアラカルトではもちろん無理だし、アラカルトと平行して提供するコースではやりたくても余裕がなさすぎる。


なかなか都心から少し離れた立地的にも、「台湾料理」というジャンルに対するお客様からの要望的にも完全コースにするのが難しいのですが、定期的にコースの日を決めてやっていくのも面白いんじゃないかなと思っています。

そしてもちろん、自分が選んだ美味しいお酒と合わせてご提供したい、というのが酒好きの目論みであります。
お酒と合わせてこそ美味しさが倍増するお料理というのがやっぱりあるんですよね。

なので、美味しいものを食べたい&飲みたい方はぜひ今後の予定も楽しみにしていてください!

改めまして、3年目の天天厨房もよろしくお願いいたします!






台湾チャイニーズ 天天厨房

店主/主厨 謝 天傑

----------------------------------------
<スタッフ募集中>

現在、天天厨房では、調理のサポートをしていただける方およびホールスタッフ(正社員候補/アルバイト)を募集しております
また、22〜25時の短時間だけでも入っていただける片付けスタッフ(アルバイト)も募集中です。

ご興味のある方はまずはメール(info@tentenchubo.com)か電話(03-6754-6893)にてご連絡ください。ご紹介も大歓迎です!
※お問合せの際には「お名前、性別、お電話番号、年齢、最寄り駅、調理経験」をお知らせください。
----------------------------------------
<ご予約・お問い合わせ>
電話:03-6754-6893 (営業中は電話にでられないことがございます)
メール: info@tentenchubo.com (メールでのご予約は前日まで可)
Facebook:メッセージにてご連絡ください(前日まで可)

★営業中(特に土日祝の18〜21時の混雑時)はお電話にでられないことがございます。
ご予約についてはこちらをお読みください。
★営業予定など最新情報は「Facebook」/「Twitter」にて配信中。
----------------------------------------
<営業時間>
通常営業 18:00~22:00/バル営業 22:00~24:00
定休日:水曜日と第一火or木 ※その他試飲会・研修などで臨時休業

22:00以降はお酒の時間『バル営業』となり、
炒めもの以外の簡単なメニューと
ドリンクのみでの営業とさせていただいております。
どうぞご了承ください。(お通しなしです)

<ラストオーダー時間>
22:00 炒めものラストオーダー(炒飯も)
23:00 食べ物ラストオーダー
----------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿