2014年8月9日土曜日

天天厨房とパクチー(と、パクチーの日!)

台湾料理とパクチー


どうして台湾料理でパクチー?という質問をたまに頂くのですが、日本ではあまり知られていないですが、実は台湾料理でもパクチーはよく使われます
ネギとか大葉のような感覚で、屋台の薬味コーナーには必ず並んでいる薬味のひとつなのです。

ちなみにパクチーは台湾語では「芫茜(エンスイ)」と言います。
中国語で「香菜(シャンツァイ)」というのは聞いたことがある方も多いかも知れませんね。

写真は米粉湯屋台の薬味コーナー。手前が芫茜(パクチー)、奥は千切り生姜です。

日本だと高い上にクセのある食材のため嫌いな方も多いので、あまり使っている台湾料理屋さんはないのですが、やっぱり台湾料理にはつきものなので、天天厨房では少し多めに取り入れております。

もちろん、苦手な方には「別盛り」や「完全パクチー抜き」も対応できますのでお気軽にご相談ください。




「パクチーハウス東京」と僕


僕が天天厨房を開く前にいた「パクチーハウス東京」というお店は、(ご存知の方も多いと思いますが)パクチー料理を専門とするお店でした。

歴代料理長は(オーナーの佐谷さんをはじめ)いろいろな国を旅してパクチーに魅了された旅人料理人たちで、彼らが旅先で出会ったパクチー料理をヒントにした各国様々な美味しいレシピが集まっています。

僕に関しては、日本に来てからの和食の修行に一区切りがついて独立に悩んでいた頃に「パクチーをよく使う国(=台湾)から来た」ということでお声がかかり、独立までの期間限定で1年ちょっとの間、パクチーハウス東京で料理長を務めさせていただいておりました。

卒業までの間に作った色々なメニューの一部は今でもパクチーハウスに残っています。(気になる方はぜひ一度行ってみてください!)




「パクチーの日」


さて!8月9日の今日は「パクチーの日」です!

パクチーハウス東京」の「パクチーの日、飲み尽くせ!パーティー」を始め、いろいろなところでパクチーの日を祝った楽しそうなイベントをやっています!
お近くの方はぜひ行かれてみてください!



そして、天天厨房では・・・

パクチーの日を祝って、本日限定でパクチー食べ放題とします!

ただし!ご注文は台湾語にチャレンジ!

パクチー追加を呼びかける際には「パクチー追加!」を台湾語で・・・

「頭家(※)、加芫茜(※)!(タオケーガーエンスイ!)」
(※「頭家(タオケー)」は「マスター」の意味/※芫茜(エンスイ)はパクチーの意味。)

・・・と言っていただければ、パクチー追加無料でお出しします!
そのままカタカナで読んでいただければ通じますので是非どうぞ♪
(下線部をちょっと強めに読んでみてください)

※日本語ではダメです。
※残さないよう、食べきれる分だけ頼んでください。


神戸から今日の為に到着したオーガニックパクチーです!


皆様のお越しをお待ちしております!


台湾チャイニーズ 天天厨房

店主/主厨 謝 天傑

----------------------------------------
<ご予約・お問い合わせ>
電話:03-6754-6893
メール: info@tentenchubo.com (メールでのご予約は前日まで可)
ご予約について
※営業予定など最新情報は「Facebook」/「Twitter」にて配信中。
----------------------------------------
<営業時間>
通常営業 18:00~22:00/バル営業 22:00~24:00
定休日:水曜日と第一週目の火or木 ※その他試飲会・研修などで臨時休業

22:00以降はお酒の時間『バル営業』となり、
炒めもの以外の簡単なメニューと
ドリンクのみでの営業とさせていただいております。
どうぞご了承ください。(お通しなしです)

<ラストオーダー時間>
22:00 炒めものラストオーダー(炒飯も)
23:00 食べ物ラストオーダー
----------------------------------------

0 件のコメント:

コメントを投稿