2013年11月14日木曜日

お店の在り方の見直しとお子様のご入店について

開店1か月を迎えようとしています。

「天天厨房」という名の通り、毎日気軽に通えるような店にしたい。(「天天」は中国語で「毎日」の意味)「今日も旨い料理で1杯飲んで帰るか」そんな使い方をしてほしい。
また、化学調味料に頼らない素材本来の美味しさを身近に楽しんでもらえるような店にしたい。

天天厨房は、そんな思いから作ったお店です。

現在いろんなお客様にご来店いただいており、嬉しい限りではあるのですが、それに伴い、頭を抱えていることがあります。

あまりお店の裏事情を出したくはないけれど、こればっかりはどうしようもないので、正直に現状を書こうと思います。
 

正直にいうと、現在の天天厨房は、お客様にドリンクをお飲み頂いてようやく成り立つ価格設定になっています。しかもそのドリンクも、お酒好きの方に気軽にもう一杯飲んでいただけるような設定にしています。

なので、大人数で来ていただいて全員「お水でいいです」となると、正直、悲鳴をあげたくなります。
でも、ご飯を食べたいだけなのに、ドリンクは頼まない、という気持ちもわかるし、お客様にも選択の権利があるので、これはお客様を責めるわけにはいきません。

ただ、現在のままでは、正直、すでにお店としての存続が厳しいです。
厳選した素材を使ってお値段をできるだけ抑えているので、現状だと本当にぎりぎりです。

なので、申し訳ないですが、大人のお客様は、最低1ドリンクのご注文をお願いさせてください。


美味しいものをできる限り「リーズナブル」に提供しつづけたい。(※質に見合った良心的な価格、という意味で)でもそのためには、お店が存続できることが最低条件だと思っています。

もしこれまでご来店いただいて、天天厨房を気に入ってくださっているお客様がいらっしゃれば、今後ともどうぞ応援の程、よろしくお願いします。




お子様のご入店について


天天厨房は、「日本酒とワインと台湾料理のお店」です。つまり、酒処です。
酒処というのは、お金を出してまで、リラックスすることを目的に来る場所だと思っています。

お仕事帰りで疲れたところに静かに一杯。ほっとできる空間。
そういう雰囲気をご提供し続けたいと考えています。

このため、落ち着いて座ってご飯を食べられないお子様(特に泣き止まないお子様)は、申し訳ございませんが、他のお客様のご迷惑にもなるので、ご退出をお願いすることがあります。

もちろん、他のお客様に迷惑をかけずにお食事を楽しんでいただけるお子様もたくさんご来店いただいていますので、お子様連れで飲みに来ていただくのは大歓迎です。

僕たちはお子様は基本的に大好きですし、化学調味料に頼らない素材本来の美味しさを一番知ってほしいのはお子様なので、お子様を完全にお断りすることはしたくないと思っています。

お子様連れのお客様には、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。



台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑



0 件のコメント:

コメントを投稿