2013年12月23日月曜日

携帯電話の充電について


天天厨房には、充電可能な場所が3カ所あります。

自分自身がよく携帯電話の充電を忘れて充電ピンチになることが多いので、お店でお客様に充電スペースをご提供できたらいいなと思って、工事の際にできる限りコンセントの場所を増やしていただきました。

さすがに全席にはご準備していませんが、お席近くにコンセントがあればご自由にお使いください。
(近くのお席が空いていればご案内することも可能です)




(A)テーブル席壁際
⇒テーブル席をご利用の方はご自由にお使いください。

(B)カウンターの奥から3席目と4席目の間
⇒お席が隣接する方はご自由にお使いください。

(C)カウンター奥の壁際
⇒(A)(B)から遠い方はこちらをご利用いただけます。
※ただし、お料理の出入口に近いので、こちらのご利用/取り外しはその都度必ず近くにいるスタッフに一声お声かけください。

(C)だけちょっと不安な気もするので、この形でやってみて、もし配膳に支障がでそうなら(A)(B)のみでのご案内とさせてください。


台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑

2013年12月19日木曜日

年末年始の営業予定


今年も残すところあと2週間を切りました。
日に日に冷え込んできますが、皆様お風邪などひかれていませんでしょうか?
今日も寒いので、生姜や唐辛子やネギなど身体を温める食べ物をお召し上がりくださいね。
(もちろん、日本酒や紹興酒のお燗なんかも最高ですね笑)

さて、年末年始は下記の通り営業させていただきます。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



お休み/貸切営業

2014年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
お休み



年始は11日までお休みを頂き、親友の結婚式参加と食材買い出しのため、台湾に一時帰国予定です。


本当は開店前に台湾食材買い出しに行きたかったのですが、工事のチェックなどで日本を離れられなかったため、このタイミングになってしまいました。

今回は、台湾食文化の発祥であり最大の夜市のある台南や、調理師学校時代を過ごした高雄など、台湾南部の方にも行ってこようと思ってます。

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、現地で色々新しい料理を学んで持ち帰ってくる予定ですので、どうぞお楽しみに!
(尚、2週目は火曜日も営業いたします!)



台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑



2013年12月12日木曜日

火鍋!お待たせしました!

火鍋好きの皆様、大変長らくお待たせしました!

予告してからはや1ヶ月たってしまいましたが、今週金曜日より開始させていただきます!

鍋セットの数・大きさが限られているので、
まずは予約限定1日2組様(合計4名様まで)とさせていただきます。
(前日までにご予約ください)

----------------------------------------
特製麻辣火鍋 3500円/人(税別)(1名様から注文可能)
----------------------------------------
※10月頃〜4月末までのご提供となります
⇒2014/7/20(日)〜29(火)限定復活します!(詳しくは「7月の営業予定」をどうぞ)

<天天厨房の火鍋の特徴>

  • 化学調味料不使用
    豚骨と鶏ガラからとった特製スープと10種のスパイスを調合して作った火鍋底(火鍋スープベース)です。
  • お一人様でも注文可能
    大好きな台湾の「ひとり鍋文化」を広めたいという気持ちもあり、カウンターでのご提供をメインにしてお一人様でも利用できる形にしました。

----------------------------------------

<メニュー内容>

  • 自家製麻辣火鍋ベース
    豚骨と鶏ガラからとった特製スープと10種のスパイスを調合して作った火鍋底(火鍋スープベース)です。「麻辣:マーラー」はピリ辛です。辛さは調整可能です。
    ⇒2名様以上は+500円/人で2食鍋に変更可。大鍋のため5名様まで対応可能になりました。こちらはテーブル席のみでのご案内となります。
  • お肉2種
    ご予約の際に「国産いも豚、オーストラリア産ラム、国産鶏肉、牛もつ」よりお好み2つお選びください(追加は +500円)
  • 本日の海鮮2種(別料金 +500円 となります)
    海老、アサリ、カキなど日替わりでご提供。
  • 貢丸3種
    台湾鍋の定番。3種の肉団子をご用意。
  • 季節の葉物野菜 2種類
  • キノコ 3種類
  • 自家製凍豆腐
  • 有機栽培パクチー
  • 粉皮(平打ち春雨)

※ミニデザート、食後のお茶(菊花茶)がつきます。

火鍋は身体に火(熱)が溜まりやすいので、食後のお茶は解熱効果のある「菊花茶」をご提供します。

----------------------------------------

<ご注意>

  • 一つの鍋につき2人様まで、カウンター席にてのご案内となります。カウンター用の小さな鍋でのご提供になるため、お2名様までで一つの鍋となります。(3名様の場合、2つの鍋になります)
    ⇒3名様以上はテーブル席にて2食鍋のご提供(4000円/人、税別)を開始しました。(5名様まで可)
  • 予約限定で一日2組(合計4名様)までのご提供となります。(3日前までにご予約
  • 人数分でのご注文となります。

----------------------------------------

ゆくゆくは2種類鍋(鴛鴦火鍋)もやりたいところではあるのですが、まず1種類の鍋から。
慣れてきたら、4名様の場合のみテーブル席にて大鍋でのご案内も開始する予定です。
⇒テーブル席にて2食鍋のご提供(4000円/人、税別)を開始しました。2名〜5名様まで可能。3名様以上はこちらの2食鍋でのご提供となります。

ご予約、お待ちしています!

台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑


----------------------------------------
<ご予約・お問い合わせ>
電話:03-6754-6893
メール: info@tentenchubo.com (メールでのご予約は前日まで可)
----------------------------------------


※カウンターでのご用意になります

※2014/7/3 1色鍋の価格を改定しました。

2013年12月8日日曜日

利き酒セット、始めます!


「少量でも色々飲んでみたい」の声にお応えして、

平日限定で「利き酒セット 3種類 1050円(税込)」を始めます。

日本酒リスト(525~800円代)からお好きなお酒をどれでも3種類お選びいただけます。
いろいろお試しいただけるお得なセットになっていますので、ぜひご利用ください。

<ご注意>
※通常ご提供しているワイングラス(90ml程度)よりも小さなものになります。(60ml程度)
※お料理に合わせていただくため、グラス交換制となります。



台湾・中華料理と日本酒というと結構意外な顔をされることが多いのですが、これが意外と良く合うのです。

また、通常、化学調味料を多用するパンチの強い料理(中華料理系)だとお料理に日本酒が負けてしまうことも多いのですが、天天厨房では化学調味料を使っていないため、日本料理と同じ感覚で日本酒を合わせていただけます。

というのも、化学調味料と日本酒の旨み成分は同じ「アミノ酸」。
足りない旨み成分を天然の日本酒のアミノ酸で補うことで、いい具合に相乗効果が生まれる形を取っています。

また、天天厨房の炒め物にはオリーブオイルを使用しているため、通常よりもサラッと油こくない口当たりに仕上げています。
このため、日本酒が負けがちな炒め物も、日本酒と合わせて美味しくお召し上がりいただけます。

なので、個人的には天天厨房の料理には、一番日本酒が合うと自信をもっておすすめします!
(もちろん台湾料理なので紹興酒も合いますが笑)

天天厨房では、吟醸系から古酒系までお料理に合わせてさまざまな日本酒をご用意しておりますので、ぜひ一度お試しください。

台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑




2013年11月29日金曜日

コース始めます。

※下記のコースの内容は2014年4月以前のものです。現在変更になっておりますのでお気をつけ下さい。(新しいコース内容はこちらをご覧ください

コースメニューを始めます。※要予約(2名様から予約可能)です。
ご宴会の際などにもおすすめなので、是非ご利用ください。

ご予算、食べたい食材/メニュー、NG食材などお伝えください。
こちらでコースを組み立ててご提案させていただきます。


コースの例
  • 天天厨房おすすめコース(その日仕入れた新鮮食材からおすすめ料理をご提供)
  • 屋台名物コース(カキのオムレツ、ルーロウ飯など台湾屋台名物料理をご提供)
  • パクチーコース(天天厨房定番メニューをすべてパクチー料理にアレンジしてご用意します)※要3日前予約
  • 素食(ベジタリアン)コース(台湾でよく食べられている精進料理の調理法でご提供。行程が複雑なため+500円となります)※要3日前予約

※ドリンク代別。
※パクチーコース、素食コースは食材の仕入れの関係があるので3日前までにご予約ださい。

下記はお値段と品数の目安です。
(内容や人数、使用する食材によって品数は変わります)
--------------------

  • 3000円コース
    6品程度(前菜2品、揚げ物、炒め物、締め、デザート)
  • 4000円コース
    7品程度(前菜2品、揚げ物、炒め物2品、締め、デザート)
  • 5000円コース
    8~9品程度(前菜3品、揚げ物、炒め物2品、締め、デザート)
    海鮮など食材もグレードアップしたご料理をご提供します。

--------------------

尚、クリスマス、年末年始などは食材費高騰の関係で500円プラスでのご用意となります。ご了承ください。

また、12人程度から貸切も可能です。お気軽にご相談ください。


(写真は3000円コースの例。14名様貸切時のメニューです。)



皆様のお越しをお待ちしています。
(12月の営業予定はこちら

<ご予約・お問い合わせ>
電話:03-6754-6893
メール: info@tentenchubo.com (メールでのご予約は前日まで可)


台湾チャイニーズ 天天厨房

店主/主厨 謝 天傑

2013年11月26日火曜日

12月の営業予定

うかうかしていたら、来週から12月ですね。

10月15日に開店してからまだ1週間くらいしか経っていないような、
1年くらい経っているような、なんだか不思議な気分です。

さて、12月は定休日の火曜日に加え、
都合により12/1(日)をお休みさせて頂く予定です。


2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



がお休みです。

また、忘年会シーズンに伴い、貸切なども入る可能性がありますので、
分かり次第またお知らせしていきます。


尚、ランチ営業につきましては、
以前のブログで書かせていただいた通り、当面延期とさせていただきます。

また開始の目途がつき次第お知らせさせていただきます。


ご不便をおかけして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑



2013年11月24日日曜日

お店の在り方の見直しについて(続編)


先日のブログ

「最低ワンドリンク制にします」と迷言しましたが、

やっぱりとりやめます。


ワンドリンク制って、やっぱり感じ悪いです。悪すぎです。


心を鬼にして、試しに何回か
「ワンドリンクはお願いしております」とやってみましたが、
そのあまりの感じ悪さに自分で嫌気がさしたので、
最初の2日くらいでやめてしまいました。

ということで、「最低ワンドリンク」はやめにします。

ただ、それではやっぱり厳しいので、
いろいろな方のご意見を参考にしつつ、
次の調整をさせていただくことにします。


まず、

1. お通し代を500円に変更させていただきます。 

これまで300円としていたお通し代を500円に変更させていただきます。
天天厨房では、開店当時よりもお通しに力を入れており、
ご納得いただける内容のものをご提供できる予定です。


とは言え、値上げは値上げなので、その代りとして、


2. 一部プレミアム価格にて提供していたドリンクメニューの値段を下げます。

均一価格525円~ということで、大半のメニューを525円、
一部プレミアムメニューがそれなりのお値段になりつつありましたが、
これらのお値段を1杯当たり100~400円程度下げました。
(例: 日本酒 「十四代 中取純米 無濾過」 1200円⇒800円、焼酎 「赤霧島」 700円⇒525円)

こうすることで、お酒好きの方々には、
美味しいお酒をよりリーズナブルにお楽しみいただけるようにします。

ただし、旬のフルーツのビネガードリンクに関しては、
ソーダ割りは+100円(ほぼ原価)とさせてください。
(お湯割り、水割りはそのまま、ノンアルコール⇒420円、アルコール入り⇒525円です。)


ご理解の程、よろしくお願いいたします。


なお、
「日本酒とワインと台湾料理の店」と謳いながらまだまだ弱いワインリストですが、
ワインファンの方々にももっと楽しんでいただけるお店にしたいと考えており、
ビオワインのラインナップを今年中には充実させていく予定です。
どうぞお楽しみに。


最後に、

天天厨房では、お店についてのご意見・ご感想を歓迎しています。
お店に来ていただいて感じた率直なご意見で構いません。
気づいた点、気になった点や、好きなメニュー、リクエストメニューなどなど。
何かあれば、ご来店時、FacebookTwitterメールなどでお気軽にお伝えください。

すべて反映できるわけではありませんが、
今後の参考にさせていただきたいと思います。

発展途上中の天天厨房ですが、どんどん良いお店にしていきたいので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑



2013年11月22日金曜日

小鍋、はじめました。

大分前から予告していた鍋ですが、まずは小鍋料理を始めてみました。

第一弾は、「芥菜排骨干貝鮮菇鍋(高菜と豚軟骨と干し帆立とキノコの小鍋)」。

これは以前台湾料理専門学校の偉哲さんが教えてくれた調理法をアレンジして作った一品です。
北海道の干し貝柱、台湾農家のオーガニック高菜、沖縄のソーキ(豚軟骨)、高知の生姜、長野県のキノコ(3~4種)をスープ仕立てでご用意。

そして、パクチー好きの方にはたっぷりパクチーもお乗せしてご提供します。


そのままさっぱりお召し上がりいただいても良いですし、お好みでニンニク醤油につけても美味しいです。
是非ご賞味ください!

そしてそして、卓上コンロもフル活用の「火鍋」も開始予定ですので、こちらもお楽しみに!


台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑

2013年11月16日土曜日

お子様のご入店について


僕たちはお子様は基本的に大好きです。

化学調味料に頼らない素材本来の美味しさを一番知ってほしいのはお子様なので、お子様を完全にお断りすることはしたくないと思っています。

ただ、天天厨房は、「日本酒とワインと台湾料理のお店」です。
つまり、酒処です。 

酒処というのは、お金を出してまで、リラックスすることを目的に来る場所だと思っています。

お仕事帰りで疲れたところに静かに一杯。ほっとできる空間。
そういう雰囲気をご提供し続けたいと考えています。

このため、落ち着いて座ってご飯を食べられないお子様(ぐずってしまう、走り回る、椅子に立つ、など)は、申し訳ございませんが、他のお客様のご迷惑にもなるので、ご退出をお願いすることがあります。

また、安全のため、小学生以下のお子様はテーブル席のみでのご案内とさせていただいております。

小さなお店なので、区切ってご利用いただく空間がないため、申し訳ありません。

もちろん、他のお客様に迷惑をかけずにお食事を楽しんでいただけるお子様もたくさんご来店いただいていますので、お子様連れで飲みに来ていただくのは大歓迎です。


尚、食事メニューの構成についても、お酒の提供をメインとした構成になっているため、ご飯ものはあまりご用意しておりません。

また、お料理のご提供のスピードも、ご注文を受けてからシェフが一人でお作りする関係で、かなりゆっくりペースですので、その点もご理解の上ご利用ください。(他のお客様がいらっしゃる場合にはお急ぎの対応は致しかねる場合がございます)



少人数で切り盛りする小さな店のため、ご不便をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。



台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑

2013年11月14日木曜日

お店の在り方の見直しとお子様のご入店について

開店1か月を迎えようとしています。

「天天厨房」という名の通り、毎日気軽に通えるような店にしたい。(「天天」は中国語で「毎日」の意味)「今日も旨い料理で1杯飲んで帰るか」そんな使い方をしてほしい。
また、化学調味料に頼らない素材本来の美味しさを身近に楽しんでもらえるような店にしたい。

天天厨房は、そんな思いから作ったお店です。

現在いろんなお客様にご来店いただいており、嬉しい限りではあるのですが、それに伴い、頭を抱えていることがあります。

あまりお店の裏事情を出したくはないけれど、こればっかりはどうしようもないので、正直に現状を書こうと思います。
 

正直にいうと、現在の天天厨房は、お客様にドリンクをお飲み頂いてようやく成り立つ価格設定になっています。しかもそのドリンクも、お酒好きの方に気軽にもう一杯飲んでいただけるような設定にしています。

なので、大人数で来ていただいて全員「お水でいいです」となると、正直、悲鳴をあげたくなります。
でも、ご飯を食べたいだけなのに、ドリンクは頼まない、という気持ちもわかるし、お客様にも選択の権利があるので、これはお客様を責めるわけにはいきません。

ただ、現在のままでは、正直、すでにお店としての存続が厳しいです。
厳選した素材を使ってお値段をできるだけ抑えているので、現状だと本当にぎりぎりです。

なので、申し訳ないですが、大人のお客様は、最低1ドリンクのご注文をお願いさせてください。


美味しいものをできる限り「リーズナブル」に提供しつづけたい。(※質に見合った良心的な価格、という意味で)でもそのためには、お店が存続できることが最低条件だと思っています。

もしこれまでご来店いただいて、天天厨房を気に入ってくださっているお客様がいらっしゃれば、今後ともどうぞ応援の程、よろしくお願いします。




お子様のご入店について


天天厨房は、「日本酒とワインと台湾料理のお店」です。つまり、酒処です。
酒処というのは、お金を出してまで、リラックスすることを目的に来る場所だと思っています。

お仕事帰りで疲れたところに静かに一杯。ほっとできる空間。
そういう雰囲気をご提供し続けたいと考えています。

このため、落ち着いて座ってご飯を食べられないお子様(特に泣き止まないお子様)は、申し訳ございませんが、他のお客様のご迷惑にもなるので、ご退出をお願いすることがあります。

もちろん、他のお客様に迷惑をかけずにお食事を楽しんでいただけるお子様もたくさんご来店いただいていますので、お子様連れで飲みに来ていただくのは大歓迎です。

僕たちはお子様は基本的に大好きですし、化学調味料に頼らない素材本来の美味しさを一番知ってほしいのはお子様なので、お子様を完全にお断りすることはしたくないと思っています。

お子様連れのお客様には、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。



台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑



2013年11月8日金曜日

(訂正)11月の営業予定

11月のお休みの訂正と、貸し切り営業のお知らせです。

もともと19日(火)にご予約が入っていたため、
この週だけ例外で18日(月)を休みとしていたのですが、
キャンセルとなったため、他の週と同じく火曜に戻しました。

何度も変更になってしまい申し訳ありません。

---------------
11月の営業予定
---------------
下記以外は通常営業<18:00~22:00(L.O)>となります。

お休み
  • 4(月祝)
  • 5(火)
  • 12(火)
  • 19(火) ※再び訂正します。(11/8)
  • 26(火)

貸切営業
  • 9(土)
  • 14日(木)

---------------

※貸切営業時はご予約のお客様以外のご対応は出来かねますのでお気を付けください。





台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑

2013年11月1日金曜日

11月の営業とランチ延期のお知らせ

11月、すっかり秋も深まり、冬が近くなってきましたね。
天天厨房も気づけば開店3週間経とうとしています。

さて、今月のお休み予定をお知らせします。

---------------
11月のお休み
---------------
4日(月祝)
5日(火)
12日(火)
19日(火)18日(月)※訂正します。(11/5)
26日(火)
---------------

今月は基本は火曜日をお休みとさせていただきます。
また、火鍋メニューなど準備のため、4日(月祝)もお休みさせていただきます。

Twitter/Facebookでもお知らせさせて頂いたのですが、
火鍋メニューについては、一部のお客様に今週末より開始予告をしておりましたが、
納得のいくお肉の仕入れが間に合いませんでした。

このため、一度準備期間をいただき、開始を来週以降に延期させていただきます。
ご不便をおかけして申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください


(まかない用に試作してみた火鍋↓)




ランチ営業延期のおしらせ

前回のブログでも書かせていただいたのですが、
ランチ営業は、当分の間延期させていただくことにしました。

当初11月頃から開始を予定していたのですが、
現在ディナー営業の仕込みで手一杯になってしまっており、
これにランチ営業を加えた場合ディナーのクオリティを保てない状況です。

このため、楽しみにして頂いていたお客様には大変申し訳ないのですが、
当分の間、ランチ営業は見送らせていただくことにします。

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、
ご理解のほどよろしくお願いします。


台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑

2013年10月28日月曜日

週末の反省

先週末は近隣の方々をはじめ、本当にたくさんのお客様にご来店いただきました。
オープンしたばかりのお店にも関わらず、ありがたい限りです。

一方で、お店側の不慣れな段取りのせいでご迷惑もおかけしてしまいました


1点目。

お料理をお出しするのにお待たせしてしまったこと。
段取りが悪く、最初にご来店いただいたお客様へのお料理の提供が遅くなってしまいました。

これは本当に深く反省。
(お待たせしてしまったお客様、もう来てくださらないかもしれませんが、申し訳ありませんでした!)

現在(今後も)シェフが一人しかいない関係で、
満席の場合、お料理のご提供にお時間をいただいてしまっております。
また、特に炒め物は時間がかかりがちなので、
お出しする順番が後のお客様と前後する可能性があります。

なるべくお待たせしないようにしていきたいとは思っており、
慣れればもっと早くはなる予定ではおりますが、
シェフと中華コンロがひとつずつしかないため、物理的にどうしても限りがあります。

前菜などと組み合わせてご注文いただくと、お待たせしなくて済みます。
おすすめの前菜を取り揃えておりますので、こちらも是非ご賞味ください。


2点目。

週末にかけて見込みが甘かったため、パクチーやワインなど品切れしてしまいました。

まさかこんなにご来店いただけるとは思っておらず、仕入れが追い付いておりませんでした。
真っ青になりつつも、パクチーハウスじゃなくて良かったと心から思いましたが、
(↑パクチーハウスではパクチー品切れは許されないためw)
そんなことに甘えてはいられません。

次回からはは多めに仕入れておくようにしたいと思います。


3点目。

せっかくご来店いただいたお客様をスムーズにご案内できなかった点。

こちらは、どうしようもない点ではあるのですが、
時間制限を設けていない&今後も設けない予定なので、
満席の場合、次のお客様のご案内をしかねます。

小さなお店ゆえ、お席数が限られておりますため、
ご来店の際にはご予約をお勧めします。

まだまだ至らない点も多いお店ではありますが、
少しずつ、少しずつ、できるところから改善していこうと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします。


尚、ご要望の多いランチ営業ですが、当分見送らせていただくことになりそうです。

というのも、現在18:00オープンに合わせて10:00頃から仕込み入りしている状況です。
終わったあとは、23時頃閉店してから片づけたりしていると、
お店を出るのが2:00とか3:00頃になってしまっております。

これにランチ営業を加えてディナー営業のクオリティを維持するの
体力的にも当分現実的ではなさそうなので、
もう少し慣れてきてから、ランチ営業を行うかどうかについて考えたいと思います。

ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。


台湾チャイニーズ 天天厨房
店主/主厨 謝 天傑


2013年10月17日木曜日

店名の肩書き「台湾チャイニーズ」について

「台湾は中国じゃないでしょ?」


ということで何人かの方々からご質問があったので、天天厨房が「台湾チャイニーズ」をつかうに至った経緯と、台湾人としての僕の考えを書かせていただきます。

現状日本にある台湾料理店は「台湾」と謡いつつも中華料理を大部分のメニューとして出すお店が多く、僕たちとしても首をかしげている部分であります。


そんな中、どうして 「台湾チャイニーズ」 なのか。


一番の理由は、伝統的な台湾料理をベースにしつつも、新しい考えを盛り込みつつ料理が提供できる店にしたかったことです。

敢えて英語表現「チャイニーズ」を取り入れることで、良い意味で「枠」にとらわれない感じを表現したかった。



ではなぜ、「タイワニーズ」ではなく「チャイニーズ」か。


一番の理由は、日本でまだまだ「タイワニーズ」という言い回しが浸透していないことでした。

どんな料理が出てくる店なのかが全く想像がつかないのも・・・と思い。
(台湾料理が中華寄りなのは否定できないので。あとは台湾とタイを混同している方も多くいらっしゃるのでそのギャップ埋めのため。)


実際つかうことを決断するにいたっては、2つの理由から「チャイニーズ」が「大陸」のみを意味するのものではなく、「台湾」を表す意味で使っても良いのではないかと判断しました。

[1] 台湾の正式名称が「中華民国(Republic of China)」である
[2] 台湾の食文化は美食大国中国(現状の良し悪しは別として、世界では昔からそう呼ばれている)から大きく影響を受けていることは否定できない(=広い意味での中華文化圏の一部であるということ)


もう一つ、弁解させていただくと、僕のバックグラウンドは台湾料理だけでなく広東料理もベースにしているので、いろいろ創作する上でそういった要素を含める可能性が高くなる点。

もちろん台湾料理をうたっている以上、台湾料理を提供するというのが心意気なのですが、それ以上に僕が「美味しいと思うもの」をご提供したいので、時には中華の要素が加わったり、東南アジアの要素が加わったり、日本の要素が加わったり、するかもしれません。


センシティブな問題なので、いろんなご意見あると思いますが、
国同士の関係はどうあれ、「うまいものに国境の垣根はない」というのが僕の信条です。



どんなお料理になっているかは、まずは一度ぜひお召し上がりいただきたいなと思います!


店主/主厨 謝天傑(日本語訳 by 妻)


www.tentenchubo.com




2013年10月14日月曜日

開店まであと1日!

12、13、14日と正式オープンに向けてのテストも兼ねて、招待制のプレオープンを開催させていただいています。

こうしてお店を開くことができたのも、僕たちを支えてくれた家族や友人、こんな小さなお店なのに、本当に良くしてくれた業者の皆さんがいたからです。
本当にありがとうございます!

オープンはまだこれから。
まだ至らない部分はいっぱいありますが、地元の方に愛される良い店になるよう、どんどん良くしていけるようにがんばります!



ルーウェイ盛り付け中。

炒め物中。






今日のルーウェイ 香菜(パクチー)和え


屋台の茹で頬肉

三杯鶏(台湾バジルと鳥肉の三杯ソース炒め)

家族のみんなです


(写真を撮ってくれたしんちゃん、ありがとうございます!)

日本酒とワインと台湾料理のお店「台湾チャイニーズ 天天厨房」
※スマートフォンだと表示が崩れるので、PCでご覧ください(近日修正予定)

2013年10月1日火曜日

「天天厨房」10月15日(火)にオープンします!

オープン日が決定しました!

「台湾チャイニーズ 天天厨房」は
2013年10月15日(火)17:00〜 営業開始いたします。


尚、ランチ営業は11月頃からの開始を予定しております。
不慣れなうちにお客様をお待たせしてしまいたくはないので、
こちらは少し落ち着いてからの営業とさせていただこうと思います。

14席の小さなお店なので、お越しの際にはご一報いただければお席確実です。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。
---------------------------------------------
台湾チャイニーズ 天天厨房

東京都世田谷区粕谷4-18-7
(京王線千歳烏山駅 南口2 徒歩7分)

tel: 03-6754-6893
mail: info@tentenchubo.com
www.tentenchubo.com

営業時間:17:00〜22:00(last order)
(※不定休、全席禁煙)

FacebookTwitterでも近況をアップしています。
---------------------------------------------



2013年9月23日月曜日

台湾野菜農家さん


千葉にある台湾野菜農家さんに見学に行ってきました。
ここから台湾野菜を仕入れさせていただこうと思っています。

安心、安全の料理を提供するのか料理人の使命です。
安い中国野菜はいくらでもあるけれど、やはり無農薬の台湾野菜を使いたいです。

こちらの農家さんを経営するのは日本人と台湾人のご夫婦。
無農薬、有機栽培にこだわって、14年間この地で台湾野菜を作り続けているそうです。


農場まで案内してくれる台湾人農家さん。

瓢簞。硬い皮を剥いて、干しえびと一緒に炒めるのがおすすめ。

香菜(パクチー)!台湾品種なので、日本のものより香りが強いです。

この野菜ハウスの中で栽培中。
夏には中が50度にもなるので、早朝しか収穫できないそうです。本当にお疲れ様です。

莧菜(ひゆ菜)。夏バテ回復に一番の野菜。

白空心菜。日本のスーパーなどで流通している緑のものより柔らかい種類です。

虫食いは無農薬の証拠!

地瓜葉。軽く茹でて台湾醤油とネギ油で食べると最高。

台湾バジル。スイートバジルより香りが強く、一度食べたらクセになります。

味見中。

ニラの花がきれいでした。

まだまだ続く畑。

苦瓜畑。

アップルゴーヤ。台湾のゴーヤは白いのです。



食べごろをいただきました。


A菜(エーツァイ)。ビタミンAが豊富です。

芥菜(からし菜)。漬け物にして豚肉と一緒に蒸し煮にすれば、客家料理の梅干扣肉になります。

香瓜(台湾メロン)。甘い香りが充満していました。

人懐っこい番犬くん。


たくさんお土産もいただきました。
帰ったらさっそく試作です!

2013年9月21日土曜日

カウンターと椅子

昨日、お店の内装をお願いしている山翠舎さんでカウンターと椅子の高さのシミュレーションをしてきました。

ポイントは椅子の座面からカウンターまでの高さ。
ご飯を美味しく食べるための高さとお酒を飲むための高さは違うそうで、実際に体感させてもらいました。


現場監督の石島さんが仮の木材でカウンターの奥行をセッティング中。


高さを体感中。現在椅子と机の差は26cm。
後ろではデザイナーの吉田さんも真剣に考えてくれてます。


机と椅子の差を3cm広げて最調整。


実際に体験してみると3cmしか違わないのに肘を載せた時のしっくり感が全然違ってびっくり。

このカウンターと椅子が近いうちにお店に設置されると思うと、ワクワクです。


2013年9月15日日曜日

とんかつ睦巳(むつみ)

この度無事契約も済み、京王線千歳烏山駅南口から徒歩7分のところに物件を借りることになりました。

この場所には以前、「とんかつ睦巳(むつみ)」さんというお店があったそうで、このあたりでは有名なとんかつ屋さんだったそうです。

元地元在住の方の「とんかつ論」なるものの中にも、「最高峰のとんかつ」と絶賛される程の肉厚のとんかつ。
すれ違いで口にすることが出来なかったことが心底残念。

・・・と思いつつも、後に入るお店としては、以前のお店が人気店だったというのはとってもプレッシャーです・・・。(比較されてしまうので・・・。)

とはいえ、ジャンルは違えども、近隣の方々の期待を裏切らないようなお店を作りたいと思っています!



元「とんかつ 睦巳」跡地(=「台湾チャイニーズ 天天厨房」開店予定地)



2013年9月12日木曜日

はじめまして。天天厨房です。

はじめまして。
ワインと日本酒と台湾料理のお店「台湾チャイニーズ 天天厨房」です。

仕事帰りの皆様が1人でもふらっと立ち寄れて、
美味しくて料理とお酒で幸せ気分になっていただけるようなお店を目指して開店準備中です。

2013年10月半ばに京王線千歳烏山にオープン予定。
現在は日々オープンに向けて、美味しい食材とお酒を厳選中なので、乞うご期待!


京都美山の豆乳と湯葉。豆からこだわって作っているそうです。詳細はまた今度。